カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
【ご利用案内】
【配送方法と送料】
【おことわりとご了承のお願い】
ATV205 説明書
ATV205 EXT 説明書
BA7612N 情報ページ
標準VUメーター用 VUメーターアンプユニット 
ATV205 N / LN / A  説明書




※共通説明書のため、L仕様品は部品搭載構成が異なります。
ご了承ください。
ATV205は正規標準VUメーター用アンプユニットです。
VU規格基準を満たすメーターに適合します。
(VU規格基準:直列抵抗3600Ω AC1.228V0-VU 600Ω負荷)
入力レベルは30mV〜10Vの広い範囲にわたり、調整が可能です。
この商品は広い範囲の微調整幅を持ち、
10dB以上の調整をFINE側VRで調整できます。
お手持ちのACアダプタ(8〜12V)又は、
小型トランスAC10〜12Vにて動作できます。
アンプユニット単体の消費電流は約20〜30mAです。

配線は上記のように接続します。
ハーネスを購入しなかった場合は、
裏側のハンダパッドをご利用ください。
ランプがあるメーターでは、
ハーネス上で電源に対して直列、並列が選べます。
リンク先画像では茶が(+)側としています。
ご注意:
LED仕様メーターの場合は、並列に接続してください。


■レベル調整方法■
商品はテスト調整して出荷しています。
ご使用になる製品とマッチングが取れない場合は、
再調整して下さい。
微調整側はセンターにして、
入力調整側で再調整してください。
時報や、お気に入りのCDなど聞き慣れた音楽ソースで、
簡単に調整できます。
動作しない場合は、お手持ちのメーターが、
正規VUメーターではない可能性があります。
動かない原因は、
?電源や入力が正規に接続されていない
?VUメーターに似ているが整流回路が伴わないラジケーター
(外観はVU仕様でもVUメーターではない)である
?正規VUメーターでも
整流回路がメーター本体外部基板側にある製品だった、
などが推測されます。
ラジケーターはVUメーターとは異なり、
信号整流機能が無いため、交流(オーディオ)信号では動作しません。
改造を必要とします。



■「正規VUメーター」「ラジケーター」の判別方法■
消耗した1.5Vの乾電池を用意して、
付属のVUメーター改造パーツに入っている
1kΩ(黒茶赤金)を図のように配線し
メーターに接続して判別します。
※重要なご注意:
新品の乾電池を使う場合は、必ず、短時間で行ってください。


■ラジケーターの改造方法■
お手持ちのメーターがラジケーターだった場合は
本機でそのまま駆動できません。
部品交換を必要とします。
D7 D8 R7 R8の部品を外し、
改造後の部品(付属している黒いダイオード、抵抗)
に切り替えます。
これで直流駆動になりましたので
ラジケーターで駆動できます。
お手持ちの全てのラジケーターに合うかは
確認が困難ですが、
100μAから500μA程度の標準ラジケーターのほとんどを
カバーできます。

改造前




ラジケーターは簡易メーターである場合が多く、
正規VUメーターに比べて性能面で大幅に劣ります。
動作上下死点までぶつかる(フワンフワン現象)、
音に合わせて指針が振動する(ビービー現象)
などがあります。
付属コンデンサを画像のように
ラジケーターに接続すると動作が安定する場合があります。
◎重要:
コンデンサはメーター極性とコンデンサの極性を合わせて
メーターの根本にハンダ付けしてください。
(※付属コンデンサは外観色が画像と異なる場合があります。)
左図の極性は当方販売の「ラジケーターSD310」の場合です。
メーターにより、極性の端子方向が異なります。
コンデンサのマイナスはG側になるように接続して下さい。
(Gとは基板記載側 出力コネクタのG文字です)



■重要なご注意■
作業は、ハンダゴテ、工具類などによる
ケガや火傷などに十分に注意して行ってください。
特に小さなお子様がいらっしゃる場合は、
誤飲事故防止などへの徹底した部品管理をお願いします。

※ご了承のお願い※
実装部品、製品仕様、付属品は、
当方事由により予告なく変更する場合があります。